志望大学に合格するため予備校に通っています

受験のため予備校に通うことにしました

不登校になってから勉強は独学でしていたのでわからないところも多かったのですが、通信制高校の教師が丁寧に添削をしてくれたり、興味がある分野についての本をおすすめしてくれるようになったので、勉強の意欲がわいてきました。
知識をつけるうちに、もっと勉強したいと考えるようになって、大学進学を考えるようになりました。
通信制高校を卒業すれば高卒認定資格を得られるので大学受験も可能です。
大学のことについて考えると少しずつ前向きになり、家からも出られるようになったので全国模試を受けるようになりました。
しかし全国模試の結果は惨憺たるもので、このままの学力では大学合格が難しいのがはっきりわかりました。
大学合格するためには、もっと効率よく勉強できるところが良いと考え、予備校に通うことにしました。
予備校は学校と違って、友達同士のつながりが必要なわけではありませんし、体育祭や文化祭などのイベントもないことが気楽だと感じました。
ただ勉強さえすればよいというのは、人間関係を築くことが苦手な自分にはぴったりだと感じました。

不登校になってしまいました受験のため予備校に通うことにしました予備校で知識を増やすことができた